股の黒ずみに馬油が効くって本当?

股の黒ずみに馬油が効くって本当?

 

馬油(バーユまたはマーユ)は、名前の通り「馬の脂」です。馬油の原料は馬の腹やたてがみの脂肪で、天然の動物性油です。

 

 

昔から人々の生活に役立ってきた馬油は、現代ではスキンケア用品として、化粧水、クリーム、シャンプーやコンディショナーに使われています。

 

  • 馬油は股に使っても大丈夫なの?
  • 馬油は股の黒ずみを消すことができるの?

 

の2点についてご説明します♪

 

 

馬油にはどんな効果が期待できるの?

 

抗酸化作用や殺菌作用、あかぎれなどの民間治療薬として使用されてきた馬油ですが、中でも優れているのが保湿力です。

 

 

馬油は、人の脂肪酸と構成が非常によく似ています。なので、肌になじみやすく、角質層の奥まで浸透して潤してくれます。

 

 

馬油自体は油ですから、非常にベタベタしています。ところが、肌に塗るとスーッとなじんでいくのが分かります。これは、馬油の持つ強力な浸透力のおかげです。

 

 

口にできるくらい安全なものなので、股やVラインなどデリケートな部分にも安心して使うことができます。

 

 

馬油で股の黒ずみは綺麗に消せるの?

 

馬油は薬ではないので、直接股やVラインの黒ずみを消す効果はありません。

 

 

しかし、馬油の持つ高い保湿力でしっかりと保湿をすれば、肌が少しずつ潤いを取り戻してターンオーバーの正常化が期待できます。

 

 

ターンオーバーが正常に戻れば、黒ずみは古い角質と一緒に剥がれ落ちていくので、少しずつ股やVラインの黒ずみは薄くなっていくと考えられます。

 

 

ただし、すでにできてしまった黒ずみを解消するには、メラニン色素をすべて排泄しなければならないので、かなりの時間が掛かります。なので、急いでいる場合には馬油は不向きです。

 

 

どちらかと言うと馬油は、綺麗な状態をキープするために使うものという考えで使った方が良さそうです。

 

 

急いでいる場合はデリケートゾーン用の黒ずみ対策クリームがベスト

 

股の黒ずみのほとんどは摩擦と乾燥が原因で起こります。日常生活を送っていれば摩擦は絶対になくならないので、黒ずみができるスピード以上に対策を頑張らないと黒ずみは消せません。

 

 

なので、どうしても保湿だけでは足りないんですよね。保湿はもちろん重要ですが、更にメラニンの発生を抑える必要があるんです(美白)。

 

 

だからこそ、黒ずみ解決には保湿・美白成分配合の黒ずみ対策クリーム(ジェル)を利用する必要があります。ダブルのアプローチで追いかけてくる黒ずみをぶっちぎる感覚ですね。

 

 

摩擦に気をつけて保湿をしっかり行えば、黒ずみは薄くできるかもしれません。ただ、おそらくそれは何年も先のことになります。

 

  • 夏までに股の黒ずみを綺麗にしたい。
  • クリスマスまでに、バレンタインまでに綺麗になりたい。
  • 温泉旅行までに・・・お泊りまでに・・・。

 

こんな風に、期限が決まっている場合は上手に黒ずみ対策クリームを利用してくださいね。女子が女子らしく肌を露出できる期間って、意外と短いですから・・・。

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る