股の黒ずみの原因と対策の考え方

股の黒ずみの原因と対策の考え方

股の黒ずみの原因まとめ&対策の考え方

 

こちらのページで股、内もも、Vラインの黒ずみの原因について説明しました。

 

 

簡単にまとめると・・・

 

  • 黒ずみは汚れではなくメラニン色素の沈着
  • 摩擦刺激や締め付けの刺激によってメラニンが発生する。
  • 摩擦刺激や乾燥肌は角質を分厚くする。
  • 角質が分厚くなるとターンオーバーが遅れ、色素が沈着して黒ずみになる。

 

股の黒ずみはこのようなステップで、時間を掛けて目立つようになります。今回はもう少し詳しく、股の黒ずみの原因を説明したいと思います。

 

 

メラニンはどんな時に出てくる?

 

メラニン色素

 

メラニンは肌の防衛機能です。紫外線や摩擦などの刺激を受けると、肌の基底層にあるメラニン細胞がメラニンを発生させます。

 

 

紫外線を浴びて肌が黒くなる経験は誰もがしていると思いますが、摩擦などの刺激に関しては「どの程度の刺激がメラニンを発生させるの?」って思いませんか?

 

 

これについては、

 

  • 日常的、継続的なこすれや締め付け。
  • カミソリや毛抜きなどの自己処理による肌への強い刺激。

 

などが当てはまります。

 

 

小さめのパンツはちょうどVラインに沿ってゴムの部分がありますよね。その部分が歩くたびに少しずつこすれます。それがメラニンを発生させます。

 

 

カミソリや毛抜きなどの自己処理は、「慣れているからそんなに痛くないよ」と思っていても、肌には強い刺激がかかっています。

 

 

「ゆる〜い継続的な刺激」or「強い一時的な刺激」がメラニン発生の原因なので、性体験やオナニーは黒ずみと無関係です(アソコの黒ずみの場合)。

 

 

行為の時にこすれるくらいでは黒ずみはできません。「やりまくってるから黒いんだ。」みたいな声は完全に偏見なので、そんな事を言う男子がいたら強めのパンチを一発浴びせてやりましょう!

 

 

メラニンが発生するその他の原因

女性ホルモンの影響

妊婦さん

 

メラニンは紫外線や肌への刺激以外でも発生します。それが、女性ホルモンである「エストロゲン」の影響です。

 

 

エストロゲンには、

 

  • 女性らしい丸みを帯びた身体を作る。
  • 卵胞の成熟を促す。
  • 子宮内膜を厚くする。
  • 精子が子宮の中に入りやすいように頸管粘液の分泌を促す。

 

などの大切な役割がありますが、皮膚に対しては「メラニンの生成を促す」という作用があります。妊娠すると乳首が濃くなったりアソコが黒くなったりという話は聞きますよね。

 

 

これは、赤ちゃんが生まれる時やおっぱいを吸われる時に備えて、その部分を強化しているからです。

 

 

産後しばらくすると落ち着いてきますが、下着などのこすれやアンダーヘアの自己処理などは続けている場合が多いので、「産後の股の黒ずみがなかなか落ちない!」と悩んでいるママさんは意外に多いんです。

 

 

メラニンの発生しやすさには個人差がある

人種の違いや個人差

 

これは余談ですが、メラニンが発生しやすい、しにくいには個人差があります。日焼けしても赤くなるだけの人、ちょっと日にあたっただけですぐ黒くなる人・・・いますよね。

 

 

また、メラニンの発生のしやすさは人種によっても異なります。白人さんはメラニンが発生しにくく、黒人さんは発生しやすいです。見たまんまですけど。

 

 

これは、住んでいる地域の紫外線量に関係します。紫外線は大量に浴びると毒ですが、体内のビタミンD形成に必要なものです。

 

 

北アメリカやヨーロッパなどの寒い地域では効率よくビタミンDを合成するために白くなる必要があり、アフリカなどの陽射しの強い地域では肌を保護するために黒くなる必要があったわけです。

 

 

黒ずみに当てはめてみると、

 

  • 白人さんはそもそも黒ずみができにくい。
  • 黒人さんは黒ずみが出来やすいけど目立ちにくい。

 

ということになりますよね。

 

 

日本人を含むアジア人はちょうどこの中間の緯度にいるので、メラニンが比較的出やすく、しかも黒人さんと違って黒ずみが目立ちやすい人種だと言えます。

 

 

色素沈着が起こりやすくなる角質肥厚とは?

ハテナ

肌は摩擦刺激を受けると、メラニン排出以外の肌の防衛機能が働きます。それが角質肥厚(かくしつひこう)です。

 

 

読んで字の如く、角質が分厚くなることです。楽器、スポーツなどをずっとやっていると、手にタコができますよね。それと同じです。

 

 

乾燥肌によっても角質肥厚は起こります。みずみずしく潤った肌はバリア機能が正常に働いていますが、乾燥肌になるとバリア機能が低下します。すると、肌は潤いを取り戻す為に皮脂を過剰に分泌させたり角質を厚くしたりして補おうとします。

 

 

角質肥厚が起こるとそれだけ肌のターンオーバーが遅くなるので、色素が沈着しやすくなってしまいます。

 

 

そこにさらに加齢による代謝サイクルの低下などが加わるので、歳をとるにつれてどんどん黒ずみは消えにくくなってしまうんです。

 

 

股の黒ずみ対策の考え方。

股の黒ずみを短期解消するための考え方

 

股、内もも、Vラインは常に擦れているので、これらの場所にできた黒ずみはすぐに消せるものではありません。

 

 

さらに追い打ちをかけるように摩擦を加えていては黒ずみの短期解消は望めません。

 

 

少しでも早く黒ずみを解消するためには、

 

  • 締め付けの少ない下着、Vラインや股間を刺激しない下着を身につける。
  • 摩擦を極力控える。
  • 股や陰部周辺を十分に保湿する。

 

これらを守ってください。この3つはド基本です。

 

 

時間が掛かっても大丈夫!という場合はこれらを徹底すればいずれ黒ずみは薄くなってくるでしょう。摩擦を抑えて肌状態を健康に保つことができれば自然に黒ずみは薄くなります。

 

 

股やVラインの黒ずみをスピード解消したい!という場合は「摩擦を抑える」「保湿をする」に加えて「積極的に美白する」ことが超重要になります。

 

 

デリケートゾーンの保湿・美白には専用のクリームがオススメです♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る