股の黒ずみはユークロマで綺麗に消せる?

股の黒ずみはユークロマで綺麗に消せる?

 

ユークロマを塗れば股の黒ずみが短期間で綺麗に消せるって本当?

 

 

黒ずみ対策方法を調べているうちにたどり着く美白クリーム「ユークロマ」。個人輸入するかクリニックで処方してもらうかの2択になる医薬品です。今回は、

 

  • ユークロマってどんなクリーム?
  • ユークロマを股に使っても大丈夫?綺麗に消える?

 

について説明します♪

 

 

ユークロマってどんなクリーム?

 

ユークロマは、漂泊クリームと言われるほどの高い美白力を持つクリームです。

 

 

通常、化粧品の成分は肌の角質層までしか届きません。ぐんぐん浸透!などと書いてありますが、よーく見ると小さく「角質層までだよっ!」って書いてあります。

 

 

しかし、黒ずみの原因であるメラニンは角質層の奥の基底層から発生するんです。なので、美白効果をうたった化粧品であっても、すでにできてしまったシミや黒ずみを消すのは難しいんですね。

 

 

頑固な黒ずみに働きかけるには、医薬品を使った方がはるかに高い効果が得られます。代表的な成分がハイドロキノン(医薬成分)です。

 

 

ハイドロキノンは、黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制するだけでなく、メラニンを作り出すメラノサイトという細胞そのものを減少させます。そのハイドロキノンが、ユークロマには4%も配合されています。

 

 

日本では、まだあまり浸透していませんが、アメリカではシミの治療薬と言えばハイドロキノンのことを指します。

 

 

股の黒ずみにユークロマがオススメできない理由。

 

ユークロマクリームに配合されているハイドロキノンは非常に強い成分です。強い薬には副作用がつきものです。

 

 

ユークロマクリームも、本来は医療機関で処方されるレベルに近い薬です。

 

 

一般的に、ハイドロキノンの含有量が2〜4%であれば肌への負担は軽いと言われていますが、敏感肌の方や、体質によっては炎症や発赤を起こすことがありますし、取扱方法を間違うと肌に深刻なダメージを受ける場合があります。

 

 

さらに、メラノサイトそのものを減少させるため、長期的に使用すると白斑(まだらに白くなる症状)が出ることがあります。

 

 

デリケートゾーンの皮膚は、顔に比べて角層が薄いです。顔で一番薄いのはまぶたの7層ですが、陰部はそれよりもさらに薄い6層。

 

 

肌への刺激や副作用を考えると、デリケートな部分に使用すべきではないんですね。それでも挑戦したい!というチャレンジャーであれば別ですが、軽い気持ちで手を出さないようにしてください(マジで)。

 

 

それか、美容皮膚科などを受診して医師の指導のもと使用してください。ただし、美容目的だと保険適用がないので高額になります。

 

  • お金を掛けたくない。
  • 先生に見られるのが恥ずかしい。
  • 自宅で誰にも知られずに股の黒ずみをケアしたい。

 

そんな風に思ったら、デリケートゾーン用の黒ずみ対策クリームがオススメです。

 

 

直接メラノサイトに働きかけることはできませんが、肌のターンオーバーを正常化して黒ずみを排泄することができます。(もちろん時間は掛かります)

 

 

デリケートゾーン用ということだけあって、陰部周辺にも安全な成分でできています。綺麗になりたい目標の日が決まっているならば、目標から逆算して計画的に利用してくださいね♪

 

 

自宅でもキレイは目指せます♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る