股の黒ずみにハイドロキノンとトレチノインは危険?

股の黒ずみにハイドロキノンとトレチノインは危険?

股の黒ずみにハイドロキノンとトレチノイン?

 

股の黒ずみの改善法や対処法について調べていると、ハイドロキノンやトレチノインといった成分が見つかりますよね。

 

 

これらは黒ずみをどのように改善してくれるのでしょうか?少し長くなりますがお付き合いください!

 

ハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノンとは美白効果の高い化粧品にも使われている有効成分です。

 

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が発生し、それが肌を黒くするのはわかりますよね。黒ずみの原因もそれと同じで、メラニン色素の働きによるものです。

 

 

股の黒ずみの場合は摩擦や自己処理脱毛(カミソリで剃る、毛抜きによる脱毛etc)による刺激を受けることでメラニン色素が発生します。

 

 

 

 

ハイドロキノンは別名『肌の漂白剤』と呼ばれるほど、高い美白効果があります。

 

 

肌を黒くする原因となるメラニン色素の働きを強力に抑えるだけでなく、同時に減らす働きもします。

 

 

以前は医薬品にしか配合されていませんでしたが、今は一般の化粧品にも配合されています。

 

 

しかし、一般化粧品では配合できる濃度に限界があるため、医薬品のほうが高濃度のハイドロキノンを含んでいます。

 

 

ハイドロキノンの副作用

 

美白作用の高いハイドロキノンですが、かぶれやあかみ、炎症といった肌のトラブルが起こる副作用も多数報告されています。

 

 

また、使い方を間違えると肌の一部だけ真っ白になる白斑(はくはん)という症状にも見舞われます。

 

 

冷暗所での保管が必要など、取り扱いの難しい成分です。

 

 

トレチノインとは?

 

トレチノインは主にニキビ治療で使われている成分です。

 

 

ビタミンAの誘導体の一種で、皮膚のターンオーバーを促進したり、真皮のコラーゲン生成を高める働きをします。

 

 

他にも表皮の中でヒアルロン酸の分泌を高める効果もあります。黒ずみはターンオーバーが整うことで少しずつ改善するので、ハイドロキノンと同じく黒ずみ対策に利用されています。

 

 

日本ではトレチノインは一般化粧品には配合されていませんので、美容皮膚科やクリニックで治療を受ける必要があります。

 

 

トレチノインの副作用

 

トレチノインにも使用後に肌に赤みが出たり、皮がむけたりといった副作用が報告されています。強い効果が期待できる分、副作用も起こりやすい成分です。

 

 

ハイドロキノンとトレチノインが併用される理由

 

美白成分のハイドロキノンとターンオーバーを整えてくれるトレチノインは併用されることが多い成分です。

 

 

その理由は3つあります。

 

 

1.併用することで、単体で使うよりも相乗効果が期待できる

 

美白に特化したハイドロキノンと肌再生に特化したトレチノインを併用することで、よりスピーディーに黒ずみを解決することができます。

 

 

2.トレチノインの副作用「炎症後色素沈着」をハイドロキノンで抑える

 

両成分ともに強い副作用が起こる危険性はありますが、併用することでそのリスクの軽減を狙います。

 

 

3.ハイドロキノンの浸透力の弱さをトレチノインで補う。

 

ハイドロキノン自体は浸透力が弱いため、それを十分肌に浸透させなくては期待するような効果が得られません。

 

 

トレチノインは高い浸透力を持っていますので、併用することでハイドロキノンの浸透力を高めることができます。

 

 

肌の奥にまで有効成分が届きやすくなるので、より高い効果が期待できるようになります。

 

 

どちらも効果の高い成分ですが、肌が受ける刺激も強いため、医療機関でさえ取扱いには慎重です。

 

 

ただし併用をしても副作用が絶対に起こらないわけではありません。併用時に副作用が出た場合は、先にトレチノインの使用を中止します。

 

 

その後、ハイドロキノンでも副作用が出た場合は、両方の使用を中止することもあります。それくらい効果も副作用も強い成分なんですね。

 

 

ハイドロキノンもトレチノインも個人輸入ができるけど・・・。

 

ハイドロキノンもトレチノインも個人輸入ができますが、これらは医療機関でも扱いに慎重になるほど強い効果を持っている医薬成分です。

 

 

ハイドロキノンやトレチノインを使用した股の黒ずみ対策を希望するならば、皮膚科や美容皮膚科などの専門機関にて受けることをおすすめします。

 

 

ただし美容目的の場合は健康保険が適用されません。全て自己負担になります。

 

 

ハイロドキノンと併用して用いられることが多いため、診察料やそれらの薬を処方してもらうだけで、数万円単位で費用が掛かります。

 

 

個人輸入で安くそれらの薬を手に入れることは可能です。しかし副作用も強い薬ですから、素人が用法・容量を間違えて使用し皮膚トラブルが起きた場合に結局皮膚科を受診しなくてはなりません。

 

 

股は他の部分と比べても皮膚がデリケートですから、強い薬を使用した場合、副作用が起こるリスクも高いです。多少費用が掛かっても、専門期間で見てもらった方が安心です。

 

  • 費用が高いから医療機関はちょっと・・・。
  • 股を見せるのが恥ずかしい!

 

という場合は他の方法で改善されることをオススメします。

 

 

副作用なく股の黒ずみを消すならデリケートゾーン専用クリームを利用する。

 

ハイドロキノンやトレチノイン程の効果はありませんが、副作用無く安全に股の黒ずみを解決できる方法があります。

 

 

それが、デリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリーム(ジェル)を利用する方法です。デリケートゾーン専用なので、そのほとんどが無添加で低刺激です。

 

 

敏感肌の方にも安心して使えるように作られています(もちろん肌に合う、合わないはあります)。

 

 

「美白」「保湿」「肌を整える」成分の効果で、肌のターンオーバーを正常に整えつつ美白することができます。

 

 

ただし、効果が出るまで2ヶ月〜4ヶ月程掛かるので、目標に合わせて計画的に利用してくださいね♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る