股やVラインの黒ずみに重曹を使うのは危険!その理由とは!?

股やVラインの黒ずみに重曹を使うのは危険!その理由とは!?

股の黒ずみに重曹は危険?

 

薬局・スーパー・ホームセンターなどで手軽に手に入る重曹。料理や掃除などで活躍する重曹ですが、股やVラインの黒ずみ対策には使ってはいけない理由があります。

 

 

そもそも何故、「重曹が股やVラインの黒ずみ対策に有効!」という噂が広まったかと言うと、重曹には

 

  • 油汚れやタンパク質汚れを落とす。
  • 酸性の臭いを中和する。

 

という効果があるからなんですね。

 

 

股やVラインの黒ずみは汚れではなく、メラニン色素が角質に沈着したものなので、油汚れやタンパク質汚れを落とす重曹であれば、

 

 

「同じタンパク質である古い角質を綺麗にして、メラニンを落とせるんじゃ!?」

 

 

と考えてしまうのもわかります。

 

 

重曹に汚れを落とす強力な効果はありません。それどころか・・・。

 

確かに弱アルカリ性の重曹には、弱酸性の汚れを落とす効果はあります。ただし、それはごくごく緩やかな効果で、黒ずみを薄くする効果はありません。

 

 

それどころか、重曹を肌に使用すると肌を痛めてしまう可能性もあります。

 

 

重曹は溶けにくく粒子も粗いので、研磨剤としても利用されています。私も落ちにくい水垢汚れを落とす時に使った事があります。

 

 

研磨剤の役割があるということは、重曹を肌に使用してしまうと、摩擦刺激を与えてしまう事になります。

 

 

股の黒ずみの原因は元をたどれば摩擦刺激によるメラニンの発生ですから、重曹を使って洗うという事は黒ずみにとっては逆効果になってしまうわけですね。

 

 

股とVラインの黒ずみ解消の鍵は「摩擦」と「乾燥」を防ぐこと。

 

黒ずみができる原因を改めてまとめると、

 

  • 摩擦刺激によってメラニンが発生する。摩擦は角質を厚くする。
  • 乾燥肌により肌のバリア機能が失われ、皮膚を守る為に角質が厚くなる。
  • 角質が分厚くなるとメラニンがなかなか排泄されず、色素沈着が進む。

 

このようになります。

 

 

摩擦と乾燥が角質の新陳代謝(ターンオーバー)を乱す原因になるので、逆に考えると、摩擦と減らして保湿対策をしっかり行えば、ターンオーバーを正常に戻すことができるんです。

 

 

ターンオーバーが正常に戻れば、沈着したメラニンが自然と体外へ排泄される事になり、その結果少しずつ股の黒ずみが薄くなってきます。

 

 

黒ずみは汚れではないので、洗って落とせるものではありません。決してゴシゴシ洗いをせず、しっかりと摩擦対策、乾燥対策を行ってください。

 

 

ただし、摩擦と保湿だけでは股の黒ずみが薄くなるまでとても時間が掛かります。短期間で薄くしたい場合はデリケートゾーン用の黒ずみ対策クリームを検討してみてくださいね♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る