バイオイルは股の黒ずみに効く?効かない?効果や使い方など

バイオイルは股の黒ずみに効く?効かない?効果や使い方など

 

バイオイルとは、フェイスとボディの両方に使える美容保湿オイルです。ビタミンA、ビタミンE、植物由来のエモリエント(※1)成分が配合されています。

 

 

1987年に海外で販売開始されて以来長く愛されているロングセラー商品で、世界95か国で販売されています。

 

※エモリエント
皮膚を柔らかくするという意味

 

では、バイオイルを塗れば股の黒ずみは薄くなるのでしょうか?今回は、

 

  • バイオイルの効果
  • バイオイルに股の黒ずみを薄くする効果はあるのか?
  • バイオイルの使い方や注意点

 

などについて説明します♪

 

 

バイオイルにはどのような効果がある?

 

バイオイルは、完治した後の傷跡やストレッチマークなどのケアにも使えるスペシャルオイルとして人気ですね。乾燥したお肌に油分を補って、肌を滑らかに整えてくれます。

 

 

4種類の植物オイルやエキスに加えて、独自に開発されたピュアセリンオイルを配合。お肌の角質層の深部まで浸透を可能にしました。

 

 

ただし、人によっては肌に合わない場合もあります。

 

 

バイオイルに股の黒ずみを薄くするチカラはある?

 

バイオイルの最大の特徴が高い保湿力です。しっかりケアしてお肌に適度な水分と油分があれば、乾燥を防いでターンオーバーの正常化が期待できます。

 

 

股の黒ずみの原因は、乾燥や摩擦によって皮膚のメラニン色素が沈着することなので、しっかりと保湿してターンオーバーが正常化されれば、古い角質と一緒にメラニン色素を排泄することができます。

 

 

しかし、バイオイルには美白成分は含まれていないので、黒ずみ解消目的で使うとなると解決までに時間が掛かりすぎます。

 

 

なので、黒ずみ解消目的で使う場合はそれを理解した上で使ってくださいね。どちらかというと黒ずみ解消後にその状態をキープする目的で使った方が良さそうです。

 

 

バイオイルの使い方や注意点

 

バイオイルの使い方はとても簡単です。入浴やシャワーの後に塗るだけです。1〜2滴くらいで十分です。

 

 

力を入れてこすると摩擦でかえって黒ずみの原因になるので、優しくなでるようにすり込んでください。

 

 

バイオイルには植物オイルが含まれているので、体質に合わない場合にはアレルギー反応を起こし、かゆみ、発疹、赤み、肌のピリピリ感などが起こることがあります。

 

 

股につける前に、腕の内側や太ももの内側など目立たない場所でパッチテストを行ってから使用した方が安全です。

 

 

黒ずみには、黒ずみ対策クリームが一番の近道です♪

 

股の黒ずみ解消を優先したいのであれば、保湿・美白成分が配合されたデリケートゾーン用の黒ずみ対策クリームを選択するのが一番近道です♪

 

 

黒ずみに特化したクリームなら、保湿しながら美白できるので、保湿だけよりも実感力がアップします♪

 

 

もちろん、時間が掛かっても良ければ、保湿をしっかりして摩擦を防げば少しずつ黒ずみは薄くなります。でも、

 

  • 夏までに綺麗になりたい!
  • 温泉旅行までに綺麗になりたい!

 

など、綺麗になりたい日が決まっている場合もありますよね。そんな時は黒ずみ対策クリームを上手に利用してくださいね♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る