股の黒ずみが酷くて産婦人科へ行くのが恥ずかしいあなたへ

股の黒ずみが酷くて産婦人科へ行くのが恥ずかしいあなたへ

 

股は摩擦を受けやすい場所なので、股の色を気にしている女性はたくさんいます。むしろ綺麗な方がマイノリティー。

 

 

でも、だからと言って黒いままでいいの?本当にそれでいいの?

 

 

というのが私の黒ずみに対するスタンスでしたが、赤ちゃんを迎える準備をしている時は別です。なぜなら、股の黒ずみの原因は摩擦や乾燥だけではないからです。

 

 

股の黒ずみは摩擦や乾燥だけが原因ではない。

 

股の黒ずみの一番の原因は摩擦と乾燥です。簡単にまとめると以下の通り。

 

  • 摩擦刺激や締め付けの刺激によってメラニンが発生する。
  • 摩擦刺激を受けたり乾燥肌になったりすると、角質が分厚くなる。
  • 角質が分厚くなるとメラニンの排泄が遅れて色素が沈着する。

 

しかし、股の黒ずみの原因はこれだけではありません。

 

 

妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンが急激に増えることが関係しています。陰部だけでなく同時に乳首も黒くなってきますが、これは出産や授乳に備えて皮膚を保護しようとする正常な反応です。

 

 

なので、妊娠中の股の黒ずみは気にする必要はありません。

 

 

産婦人科の先生は股の黒ずみなんて気にしていません。

 

妊娠中に股や乳首が黒ずむのは正常です。なので、先生は黒ずみなんて気にしていません。ひよこ鑑定士がオスとメスを判定する時に何の感情も持たないのと同じ(?)です。

 

 

もしも先生に嫌な顔をされた・・・と感じたら、それはおそらく

 

  • 気のせい
  • 思いのほか臭っている

 

のいずれかだと考えます。ほとんどが気のせいだと思いますが、臭いに関しては我慢しきれずにしかめっ面になってしまうこともあります。脳の臭いを感じる部分と感情を司る部分は同じだからです。

 

 

妊娠中は特に下半身が蒸れやすく、オリモノも増え、菌が増殖しています。産婦人科を受診する前にはできるだけシャワーを浴びて、下着を取り替えて行くと少し不安が和らぎます。

 

 

また、アンダーヘアが長いと臭いを拡散しやすいので、できれば短く切りそろえておくと良いですね。

 

 

日常的な臭いが気になる場合はデリケートゾーン用のソープを試してみてください。「市販のソープだと洗浄力が高すぎてピリピリと刺激を受けてしまう!」という方でも安心してすみずみまで洗うことができます。

 

 

オーガニック美容液ソープ『アンボーテ』

 

 

黒ずみに関しては、産後ホルモンバランスが整えば少しずつ薄くなってきます。ただし股の環境によっては黒ずみが長引く場合もあるので、なかなか消えないな?と思ったらケア用品を試してみてくださいね♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る