産後の股の黒ずみを短期間で解消するためにするべきこと。

産後の股の黒ずみを短期間で解消するためにするべきこと。

 

産後の股の黒ずみを気にしているママさんは意外と多いです。

 

  • 昔は綺麗だったのに子供を産んだら汚くなっちゃった・・・。
  • もう恥ずかしくて温泉やプールに行けない・・・。

 

こんな悩みを抱えるママさんに、産後の股の黒ずみを短期間で解消ためにするべきことをご紹介します♪

 

 

産後の股の黒ずみの原因は?

 

出産後に股やVラインなどのデリケートゾーンが黒ずむのは、プロゲステロンという黄体ホルモンと、エストロゲンという卵胞ホルモンが原因です。

 

 

プロゲステロンとエストロゲンは、どちらも女性ホルモンの一種です。これらの女性ホルモンは胎児の成長に合わせて子宮を大きくしたり、乳腺を発達させ母乳が出る準備を整えたりしています。なので、妊娠中に急激に分泌量が増えます。

 

 

ところが、プロゲステロンとエストロゲンには、メラニン細胞の働きを活発にしてメラニン色素を発生させる働きもあります。シミの原因となるメラニン色素は皆の嫌われ者ですが、本来は肌を保護する防衛機能なんです。

 

 

妊娠すると出産のためにデリケートな部分を守ろうとしてメラニンが過剰に排出されます。さらに、股やVラインなどのデリケートな部分は、もとからメラニン色素が多い場所なので、特に黒ずみやすい場所なんですね。

 

 

しかし、産後2〜3日すると、女性ホルモンの分泌は急激に少なくなります。女性ホルモンが原因で色素沈着した部分も、だんだんと落ち着いて、黒ずみが少しずつ薄くなってくるはずですから、あまり心配する必要はありません。

 

 

ターンオーバーの促進が股の黒ずみ短期解決のカギ。

 

ターンオーバーは皮膚細胞の生まれ変わりサイクルのことを言います。年齢差で前後しますが、正常であれば30日くらいの周期で皮膚細胞は生まれ変わっています。

 

 

ですが、出産による女性ホルモンの乱れは、お肌の状態も不安定にします。ターンオーバーの周期が乱れると、古い角質細胞がいつまでも剥がれずに肌に残って、肌表面の角質層が厚くなっていきます。

 

 

この状態が黒ずみを目立たせる原因になっています。そこで、スムーズに黒ずみを排泄する為に必要になってくるのが、「ターンオーバーのサイクルをできるだけ早く正常に戻す」ということなんです。

 

 

その手助けをしてくれるのが、プラセンタやトラネキサム酸などの美白成分です。

 

※プラセンタの働き

 

プラセンタエキスには、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといったお肌の潤いを作り出す線維芽細胞を活発にする働きがあります。プラセンタは、お肌に潤いを与えながら細胞を活性化し、ターンオーバーを促します。

※トラネキサム酸の働き

 

トラネキサム酸には、黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあるだけでなく、既にできてしまったお肌の黒ずみを薄くする効果も期待できます。

 

どちらも現在人気の美白成分です。多くの美白コスメに配合されていますよね。ただ、これらの成分が含まれた商品を利用する時は、できるだけ合成香料やパラベンなどの添加物が使用されていないものを選んでください。デリケートな場所に使うものなので。

 

 

産後は体力も気力もしんどい時期です。時間が経てば産後の黒ずみは解決できます。それでも、少しでも早く股の黒ずみを解決したい!と思っていたら、下のランキングを参考にしてくださいね♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る