股やVラインの黒ずみを防ぐ下着の選び方

股やVラインの黒ずみを防ぐ下着の選び方

股やVラインの黒ずみを防ぐにはどんな下着を履けばいいの?

 

前回は、股の黒ずみの原因について説明しました。日常生活でできた股の黒ずみは、日常生活を変えなければ改善できないというお話をしました。

 

 

では、日常生活で股やVラインの一番近くにあるものと言えば・・・?

 

 

そう、パンツですよね。結論から先にいうと、

 

  • ボクサー型のパンツ
  • お尻をすっぽり覆う大きめのパンツ

 

を履いてください。素材はできるだけ通気性の良い綿やシルクがオススメです。

 

 

小さい下着はなぜダメなの?

クロッチの図

 

小さい下着はちょうどVラインの位置にゴムが来ることが多く、歩くたびに摩擦が発生します。また、ちょうどアソコに当たるクロッチ部分のゴムもこすれます。このこすれが外陰部の黒ずみの原因になります。

 

 

パンツは朝履いて出かけたら帰宅してお風呂に入るまで脱ぐ事はありませんし(トイレは別)、人によってはずーっと歩きっぱなし、座りっぱなしという場合もあります。

 

 

歩きっぱなしの場合は継続的な摩擦刺激がありますし、座りっぱなしは締め付けの刺激が継続的にかかります。つまり、小さい下着はメラニン発生の後押しをしてしまうんですね。

 

 

大きい下着でカワイイものって正直ほとんどありません。だから、普段から小さめの、かわいい、なるべくパンティラインのでないパンツを履きたい気持ちはわかります。わたしもそうでしたから!

 

 

でも、デザインばっかりのキツキツナイロン下着を履き続けていては、いつまでたっても黒ずみは消えません。

 

 

カワイイ下着は勝負の時だけ!と決めて、普段は大きめの下着を身につけるようにしてくださいね。摩擦を防ぐことが股の黒ずみ解消の第一歩です!

 

 

下着選びは形だけでなく材質にも気を配るとベター!

お尻をすっぽり覆う大きめの下着

 

↑写真のようなパンツであれば、ゴムの部分が股やVラインに当たらないので、それだけ摩擦を減らすことができます。

 

 

ただ、大きめのパンツならばなんでも良いわけでなく、なるべく材質にもこだわってください。ユ○クロやしま○らで売っているいわゆる「吸汗速乾」素材(化学繊維)の場合、肌に合わない場合がありますし、臭いを放ちやすいというデメリットもあります。

 

 

できれば綿やシルクなど、肌触りが良くて通気性の良い自然な素材を選んでください。また、就寝時は生理の時以外はノーパンで寝て、さらに摩擦を減らすのもポイントです。

 

 

小さな積み重ねでできた股の黒ずみ。同じように、小さな積み重ねで少しずつメラニンの発生を予防してくださいね。

 

 

ただし、黒ずみをスピード解消する場合はこれだけでは正直足りません。大きめの下着で摩擦を抑えると同時に、「美白」と「保湿」を積極的に行うことが超重要になってきます。

 

 

積極的にケアしたい場合は、デリケートゾーン用の保湿・美白クリームがオススメです♪

 

私が使用感&実感力で選んだ黒ずみ対策クリームベスト3!

イビサクリーム

イビサクリーム商品画像


・メイン美白成分:トラネキサム酸
・4種の美白植物成分と8種の潤い成分で徹底美白&保湿!


使用感も良かったし、一番明るさを実感できたのがこのイビサクリーム!脱毛サロン『イビサワックス』が、脱毛後の黒ずみの悩みを元に作った黒ずみ対策クリーム。全額返金保証付き!


>>イビサクリームの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム商品写真


・メイン美白成分:水溶性プラセンタエキス
・最高級の4種の潤い成分がデリケートゾーンをしっとり潤す。


可愛いウサギのパッケージ。ローズの香りが超いい匂い。テクスチャは若干柔らかめ。人気モデルが推薦する人気グイグイ上昇中の黒ずみ対策クリーム!


>>ハーバルラビットの公式サイトを見てみる!


>>詳細&クチコミを見る

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム商品写真


浸透力が違う3種類のビタミンC誘導体が角質層にぎゅんっと浸透。ビタミンの力でじっくり黒ずみにアプローチ。デリケートゾーンにも使えますが、どちらかというと乳首向け。価格も若干高め。


>>公式サイトを見てみる。


>>詳細&クチコミを見る